披露宴に子供連れで出席する場合の、ゲストのマナーをご紹介いたします。

● 披露宴に子供連れで出席する場合の、ゲストのマナーをご紹介いたします。

披露宴に子供と一緒にゲストとして出席する場合は、披露宴の進行を妨げない為にも、子供を静かにさせておくことが大切になってきます。

そうは言っても、赤ちゃんや、1~2歳の子供にとっては難しいことが多々あるでしょう。

小さなお子さんに、披露宴会場でできるだけ長くおとなしくしてもらうコツをご紹介いたします。

披露宴に子連れで出席する場合の、最も重要なマナーとは?

披露宴に子連れで出席する場合に、守らなければならないマナーとは、子供がぐずったり、騒いだり、泣き出した場合は、会場の外にすぐに退席することです。

披露宴ではビデオの撮影が行われています。

子供の泣き声などが入ってしまい、大切な披露宴の雰囲気を壊してしまうことがありますので、ゲストとして配慮しましょう。

子供が好きなおもちゃ、食べ物を持参しましょう。

披露宴で子供がぐずりそうになったら、子供が好きなおもちゃや本で気をそらすことができます。

その場合は、音が出ないおもちゃや本を持参しましょう。

また、子供が好きな食べ物や飲み物でも子供の気をそらすことができます。

披露宴では食事の時間が設けられていますが、子供はその時間を待つことができないこともありますので、いつでも飲食できるようにしておきましょう。

子供が慣れているベビーカーやグッズを持参しましょう。

結婚式の会場には、ママバッグを持参しましょう。

披露宴会場には必要な物だけを取り出して、残りはクロークに預けます。

カラトリーや水筒など、子供が使い慣れているグッズを披露宴会場に持ち込んでおきましょう。

また、寝かしつけられるように、普段使い慣れたベビーカーを持参するのもおすすめです。

今日のおススメのドレス

結婚式には欠かせない、品と上質感を兼ね備えたシルクのフォーマルドレスです。

6~7分丈のお袖付きですので、品よくご着用いただける上に、ボレロやショールとのコーディネートが不要で、ボレロやショールをプラスするスタイルよりも、格上の装いをしていただけます。

お色は人気のネイビーです。

引き締め効果と、美肌効果があるとお客様からご好評をいただいているお色です。

このネイビーのお色と、シルクの優雅な光沢との相乗効果が、お祝いのお席にふさわしい華やぎを演出してくれます。

結婚式やパーティーでも、その場にふさわしい、エレガンスをまとってみませんか。

ドレスの詳細はこちらでご覧になってくださいね。

結婚式のフォーマルドレス・アフタヌーンドレス・5号、7号、9号、11号、13号、15号