招待状の返信マナーをご紹介いたします。結婚式の招待状を受け取ったら、まずは期限内に返信を出しましょう。

● 招待状の返信マナーをご紹介いたします。結婚式の招待状を受け取ったら、まずは期限内に返信を出しましょう。

結婚式の招待状をいただいたら、マナーに沿って返信しましょう。

招待状の返信マナーに沿って、返信を書いて、返信を出すと、後で恥ずかしい思いをせずに済みますよ。

この記事ではまず、結婚式の招待状の返信の出し方を確認してみてくださいね。

結婚式の招待状を受け取ったら、期限内に返信を出しましょう。

新郎新婦は結婚式の準備でとても忙しくしています。

招待状の返信を受け取った後に、席次や引き出物などを確定させますので、早めに返信を出しましょう。

遅くても、期限内までに返信を出すのがマナーです。

期限内に返信を出せない場合は?

出張の予定が入ったりなどの様々な事情で、期限までに招待状の返信が出せない場合もあるでしょう。

その場合は、電話で相手に早めにその旨を伝えておきましょう。

そして出欠の可否が分かった時点で、早めに返信を出しましょう。

返信ハガキは何で書けばよいのでしょうか?

結婚式の招待状の返信ハガキなどには、黒の万年筆や毛筆で書くのがマナーですが、黒ペンや、黒のボールペンで書いても大丈夫です。

くれぐれもグレーをはじめ、他の色のペンを使用しないようにしましょう。

では、返信ハガキはどのように書けば良いのでしょうか。

招待状の返信ハガキの書き方は、こちらの記事でご紹介いたしますね!

今日のおススメのドレス

結婚式にもご着用いただける、華やかな印象の黒のドレスです。

黒のお色に華やかさをプラスしてくれるのは、ドレスのシルク生地の優しい光沢と、ボリュームのあるフレアースカートです。

黒は着る人を選ばないので人気のお色なのですが、ともすると暗い印象になってしまうので結婚式のドレスに選ばれる時は注意が必要です。

でも、シルクのドレスでしたら、そのようなご心配は不要です。

というのもシルクにはシルク特有の上品な光沢がありますので、お祝いのお席にふさわしい華やぎを演出してくれるからですね。

またお袖が付いていますので、このドレス一着で挙式にもご出席いただけますよ。

シルクが持つエレガンスをまとって、結婚式でも好感度をアップしてみませんか?

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからどうぞ。