結婚式でのご祝儀は、いくら包めば良いのでしょうか。友人として結婚式に出席する場合の、ご祝儀の金額の相場をご紹介いたします。

● 結婚式でのご祝儀は、いくら包めば良いのでしょうか。友人として結婚式に出席する場合の、ご祝儀の金額の相場をご紹介いたします。

結婚式に友人として出席する場合は、ご祝儀にいくら包めば良いのでしょうか。

結婚式でのご祝儀の金額には、地域性もありますが、平均的な相場があります。

この相場の金額を知らずに、相場よりも低い金額を結婚式でご祝儀として渡してしまうと、後で悔やむことになりかねません。

結婚式に出席する前に、まずはご祝儀の相場の金額を確認しておきましょう。

友人として結婚式に出席する場合の、ご祝儀の金額の平均的な相場はどのくらいなのでしょうか?

友人として結婚式に出席する場合のご祝儀の相場の平均は、3万円となっています。

若干地域的に差異はあるようですが、20代でも40代でも、年齢はあまり関係なくこの金額となっているようです。

結婚式で、相場よりも低い金額のご祝儀をお渡ししても大丈夫でしょうか。

やむを得ず、相場の金額よりも低い金額をご祝儀としてお渡しせざるを得ない場合は、どうすればよいでしょうか。

経済的な事情で、どうしても相場よりも低い金額しかお渡しできない場合は、後日結婚式に招いてくれた友人に結婚のお祝いのプレゼントをお渡しするか、食事に招待するなど、気遣いをしてみるのもおすすめです。

また、ご祝儀の金額は、「別れ」を意味する偶数の金額は避ける傾向にありますので、ご祝儀に2万円を包む場合は、5千円札を2枚と、1万円札1枚の合計3枚を包むと良いでしょう。

ちなみに結婚式でのご祝儀の2万円は、最近は「ペア」を表すということで、受け入れられているようです。

自分の結婚式でいただいたご祝儀の金額を、ご祝儀としてお返ししましょう。

既に結婚した人が友人の結婚式に出席する場合は、自分の結婚式でいただいた金額をお返しすると良いでしょう。

ですが、自分の結婚式では相場よりも低い金額のご祝儀をいただいていた場合は、どうすれば良いのでしょうか。

相場よりも低い金額をご祝儀としてお渡しすれば良いのでしょうか。

もちろん、いただいた金額と同額をお返しすることもできますが、経済的な問題が現在無い場合は、相場の金額のご祝儀をお渡しするのも大人の対応かもしれませんね。

今日のおススメのドレス

結婚式には、女性らしい可愛らしさを保ちつつも、大人のエレガンスを備えたドレスで出席されてみてはいかがでしょうか。

こちらのドレスは、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

シルクの上質感漂う一着で、お袖も付いていますので、このドレスだけで挙式にもご出席いただけます。

お色はネイビーですが、シルクの上品な光沢がありますので、お祝いのお席にぴったりな華やぎも備えていますよ。

結婚式、パーティー、謝恩会等のフォーマルなお祝いのお席で、エレガントできちんとした装いをしてみませんか。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧くださいね。

披露宴のドレス・レディーライク(淑女)ドレス・ネイビー・7号、9号、11号