結婚式でのご祝儀袋の書き方をご紹介します。夫婦で連名での表書きの書き方はこちらでご確認なさってくださいね。

● 結婚式でのご祝儀袋の書き方をご紹介します。夫婦で連名での表書きの書き方はこちらでご確認なさってくださいね。

結婚式に参列する時は、ご祝儀をお持ちしましょう。

ご祝儀はきちんと袱紗に入れてお持ちするのがマナーですが、ご祝儀袋の書き方にもマナーがあります。

ご祝儀袋は水引やのしが付いた上包みと、ご祝儀を入れる内袋で構成されています。

ここでは、上包みの書き方をご紹介いたします。

表書きはどのように書けば良いのでしょうか。

上包みには短冊が付けてあることがあり、その場合は水引の上側に「寿」などの文字が印刷されているでしょう。

これを上書きといい、お祝い金の趣旨を表しています。

短冊の、水引の下側には贈り主の氏名をフルネームで書いて表書きを完成させましょう。

短冊が付いていない場合は、上包みの中央の水引の上側に「寿」または「御結婚御祝」と書き、水引の下側に贈り主の名前を書きましょう。

ちなみに、「祝御結婚」「結婚御祝」など4文字の上書きは縁起が悪いとされるので注意しましょう。

表書きの贈り主の氏名を連名にする場合は、どのように書けば良いのでしょうか?

夫婦の場合は、夫の氏名を中央にフルネームで書き、妻の名前を左側に書きましょう。

家族で贈る場合は、夫の氏名を中央に書き、その左側に妻、子供の名前を添えましょう。

連名が4人以上になる場合は、連名は3人までとされていますので夫の氏名を中央に書き、その左側に「外一同」と書き添えます。

同様に、職場の数人でご祝儀を贈る場合は、右から役職の高い順番に書くか、あいうえお順に書くと良いでしょう。

連名者が4人以上の場合は、代表者の名前のみを書き、その左側に「外一同」と書きましょう。

今日のおススメのドレス

rd101bk

結婚式やパーティーに、黒のドレスをお探しでしたら、シルクやサテンなどの上品な光沢を放つドレスがおすすめです。

黒はどなたをもきちんと見せてくれる色ですが、ともすると喪のイメージを伴いかねません。

結婚式やパーティーなどのお祝いのお席にご着用になるのでしたら、生地自体に華やかさを持つものをお選びになった方が無難です。

お写真のドレスは、品のある光沢を持ったシルク生地でお作りしたドレスです。

お色は黒ですが、シルク特有の華やぎがありますので、お祝いのお席におすすめの一着です。

また、シルク特有のハリ感は高級感を放ち、きちんとした印象が欠かせないフォーマルなお席で、いっそうエレガントにみせてくれますよ。

二の腕をすっきりとみせてくれるお袖付きですので、このドレスだけでフォーマルな装いが完成いたします。

ふんわりスカートでさりげなく女性らしさをプラスしてくれるドレスで、結婚式やパーティーでも品よく振舞ってみませんか。

結婚式、パーティーだけではなく、謝恩会や同窓会にもおすすめです。

ドレスの詳細はこちらでご覧になってくださいね。

結婚式のフォーマルドレス・アフタヌーンドレス・5号、7号、9号、11号、13号、15号