結婚式でのドレスコードを解説いたします。正装、準礼装、略礼装とは?結婚式では、ドレスコードに合わせて服装を決めましょう。

● 結婚式でのドレスコードを解説いたします。正装、準礼装、略礼装とは?結婚式では、ドレスコードに合わせて服装を決めましょう。

特定のセレモニーや場所での服装の規則をドレスコードといいます。

ゲストが適切な服装を選べるように設けられたルールなのですが、その内容をよく知らなければ適切な服装を選ぶことが難しいものです。

結婚式で良く聞かれるドレスコードは、正礼装、準礼装、略礼装でしょう。

結婚式の服装を選ぶ前に、まずはドレスコードについて確認してみてはいかがでしょうか。

最も格が高い正礼装は、主役の服装になります。

正礼装とは、最も格が高い服装で、男性なら洋装はモーニングまたはタキシードに黒ネクタイ、和装なら紋付羽織袴、女性なら洋装はアフタヌーンドレスかイブニングドレス(共にくるぶしまでのロング丈)、和装なら黒留袖(既婚者)や色留袖(未婚者)となります。

ポイントは、結婚式での正礼装は、新郎新婦、新郎新婦の両親の服装ということです。

新郎新婦の他の親戚、ゲストとして出席の場合は、新郎新婦とその両親よりも控え目な格の服装をするのがマナーとなっています。

結婚式で服装の指定がない場合は、ゲストは準礼装で出席します。

結婚式で服装の指定がない場合は、ゲストは準礼装で出席しましょう。

男性なら礼服またはブラックスーツに白かシルバー系のネクタイ、女性はフォーマルなワンピースか和服にします。

女性ゲストの準礼装のフォーマルドレスは、このようなドレスをお選びください。

女性ゲストに結婚式で一番多く選ばれている服装は、フォーマルドレスまたはパーティードレスと呼ばれているワンピースです。

結婚式で準礼装になるワンピースは、単色で無地、露出が少なく、素材に上質感のあるもので、結婚式やパーティーでしか着用できないような、普段着の印象の無いものをお選びくださいね。

普段着を思わせるような素材やデザインのワンピースはNGとなりますのでご注意ください。

略礼装とは?また略礼装はどのような場合に選ぶ?

略礼装とは、準礼装よりもさらに控え目な格の服装で、男性ならダークスーツ、女性なら普段着ではないドレスやワンピース(バイカラーのものや柄の入ったものも大丈夫です)、パンツスーツなどになります。

これらの服装は、ドレスコードに「平服で」と指定があった時や、レストランなどで行われるカジュアルなスタイルの結婚式で着用しましょう。

今日のおススメのドレス

結婚式のドレスコードにぴったりの、シルクのフォーマルドレスです。

上質なシルクでお作りしておりますので、格の高い服装ができますよ。

長めのお袖付きで気になる二の腕をスッキリとカバー。

スカート丈も長めですので、上品にご着用いただけるドレスです。

お色は着る人を選ばない黒。

シルクでお作りしているので華やいだ光沢がありますから、お祝いのお席にふさわしい一着です。

結婚式やパーティーに。

立ち振る舞いをもエレガントに見せてくれるドレスです。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからどうぞ。