結婚式での余興を頼まれたら。まずは余興をする上で、守りたいマナーを確認しておきましょう。

●  結婚式での余興を頼まれたら。まずは余興をする上で、守りたいマナーを確認しておきましょう。

結婚式で余興を頼まれたら、まずは多くのゲストの中から選ばれたということですので、光栄なことだと受け取りましょう!

新郎新婦の期待に応えるべく、守るべきところは守りながら、余興の準備にとりかかってみてはいかがでしょうか。

結婚式での余興は、飲み会の余興とは異なって、新郎新婦の新しい門出をお祝いするものですので、ある程度のマナーがあります。

こちらの記事では、知っておくと安心な、結婚式の余興にまつわるマナーをご紹介いたします。

結婚式の余興で守りたいマナー

結婚式での余興は、新郎新婦をお祝いするものになりますので、余興の始めまたは終わりには、新郎新婦へのお祝いの言葉を述べましょう。

通常の飲み会での余興とは異なりますので、やはり羽目を外した演出や、失言は避けるべきです。

羽目を外しすぎないように、少なくとも余興の前は、お酒は控え目にしておくとよいでしょう。

また、余興は与えられた時間内で終えるようにしましょう。

ちなみに余興の時間は、あまり長いとゲストも飽きてしまいますので、5分前後程度が適当と言われています。

好印象な余興とは?

結婚式の余興で好印象なのは、5分程度の長すぎない余興で、ゲストの年齢や新郎新婦との関係にかかわらず、どなたも楽しめる内容のものです。

NGな余興とは、こんな余興です。

逆に、NGな余興とはどのような余興なのでしょうか。

まず、一部の人にしか内容がわからない内輪ネタの余興です。

また下品なものや、時間が長いものも好感度を下げる余興となりますので、気をつけましょうね。

新郎新婦やご出席者の皆さまに、良い思い出として残る余興ができればいいですね!

今日のおススメのドレス

友人や親族の結婚式でも、好感度の高い服装をしてみませんか?

上品なシルクでお作りしたフォーマルドレスは、着る人をエレガントに見せてくれますよ。

こちらのドレスは、上質なシルクでお作りした一着です。

シルクが持つ、落ち着いた華やかさと高級感が、結婚式のような特別なお祝いのお席にふさわしい印象を放ちます。

気になる二の腕をカバーしてくれる、6分丈のお袖付き。

ノースリーブのドレスにボレロやショールを合わせていただくスタイルよりも、格上の装いができます。

また、フェミニンな印象のAラインのフレアースカートは、お食事をした後でも、ウエスト周りをふんわりカバーしてくれますよ。

結婚式やパーティーでも、ノーブルな印象でご出席いただけるフォーマルドレスです。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからどうぞ。