結婚式での受付マナー、ご祝儀の渡し方をご紹介します。まずは正しい袱紗を選びましょう!

● 結婚式での受付マナー、ご祝儀の渡し方をご紹介します。まずは正しい袱紗を選びましょう!

結婚式にゲストとして出席する場合は、どなたもまずは受付を済ませることになります。

受付では持参したご祝儀をお渡しして、芳名帳に記入するかゲストカードを提出することになるのですが・・・

ご祝儀は実際にどのようにお渡しすれば良いのでしょうか。

知っておくべき作法があるのでしょうか?

結婚式にご出席が決まったら、ご祝儀の渡し方もチェックしておいて、受付でもエレガントに振舞ってみてはいかがでしょう。

ご祝儀の渡し方の作法をご紹介する前に、本日の記事では、ご祝儀に欠かせない袱紗についてご紹介いたします。

ご祝儀袋は袱紗に包んでから、バッグに入れて持参します。

ご祝儀を入れたご祝儀袋は、必ず上の写真のように袱紗に包んでからバッグに入れておきましょう。

バッグからご祝儀袋むき出しで取り出すのはマナー違反とされていますし、袱紗はご祝儀袋が汚れたり、破れたりするのを防いてくれる役割もあるのです。

結婚式で使える袱紗と、使えない袱紗とは?

ところで結婚式で使える袱紗はオレンジや赤などの暖色系のものか紫色のものとなりますのでご注意くださいね。

緑やグレーなどの寒色系のものは弔事用となりますので、結婚式ではご使用にはなれないのです。

ちなみに紫色の袱紗は慶弔のどちらの行事にも使用できますので、1つ持っておくと便利ですよ。

次回の記事では、受付でのご祝儀の渡し方をご紹介いたしますね。

今日のおススメのドレス

肘までカバーするお袖は、腕の一番細い部分である手首だけを見せて、気になる腕をすっきりと見せてくれます。

お色は黒ですが、シルク特有の優しい光沢が、落ち着いた華やかさを演出してくれますので、結婚式やパーティーなどのお祝いのお席にぴったりの一着です。

クラシカルなギャザースカートが気になる下腹部とヒップをふんわりとカバーしつつ、女性らしいラインを作り出してくれますよ。

結婚式やパーティー、謝恩会や同窓会におすすめです。

こちらのドレスはバージョンアップしたために、現在、特別価格にて販売中です。

在庫限りの販売となりますので、お早めにどうぞ。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからご覧いただけます。