結婚式での受付マナー。受付での実際のご祝儀の渡し方をご紹介します。

● 結婚式での受付マナー。受付での実際のご祝儀の渡し方をご紹介します。

結婚式にお呼ばれしたら、受付でもマナーに沿った立ち振る舞いができれば素敵ですね。

受付でお渡しするご祝儀袋は、会場に持って入るフォーマルなバッグに入れておきましょう。

もちろんご祝儀袋はバッグにむき出しで入れておくのではなく、袱紗に包んで入れておくのがポイントです。

袱紗の色は赤などの暖色系か紫色で、グリーン系やグレー系の寒色系は弔事用ですのでご注意くださいね。

本日の記事では、受付でのご祝儀の渡し方をご紹介いたします。

結婚式の受付では、ご祝儀はどうお渡しすれば良いのでしょうか?

まずはご挨拶をします。

例えば、「新婦(または新郎)の友人の○○です。この度はおめでとうございます。」と述べると良いでしょう。

受付の方にとっては、新郎新婦のどちら側のゲストなのかが知りたいものですので、新郎、新婦のどちら側のゲストなのかをお伝えするのがおすすめです。

次に、バッグに入れておいたご祝儀袋を袱紗ごと取り出します。

そして袱紗から丁寧にご祝儀袋を取り出しましょう。

取り出したご祝儀袋を、受付の方に向けて両手で差し出すか、畳んだ袱紗を台の代わりにして袱紗の上にご祝儀袋を乗せ、そのまま受付の方に両手で差し出しましょう。

ご祝儀袋をお渡ししたら、次はどうする?

結婚式の受付でご祝儀袋をお渡ししたら、次は芳名帳に記入をしましょう。

昨今、受付での負担を減らすために、芳名帳の代わりにゲストカードの提出のみで済ませる場合がありますが、芳名帳が用意してありましたら、代筆を頼まず、自筆で、できるだけ丁寧な字で記帳しましょう。

ちなみに、ゲストカードとは、結婚式の招待状が送られてきたときに同封されていることが多く、予め記入して結婚式場に持参するものになります。

カードの持参を忘れてしまった場合は、予備が用意されていますので、受付でお尋ねくださいね。

今日のおススメのドレス

結婚式には露出を考えて、膝をカバーしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、スカート丈が長めのフォーマルドレスです。

さらにお袖が付いていれば、格上の装いとなりますので、申し分ありませんね。

お袖丈は二の腕をしっかりとカバーする6分丈となります。

ハリ感のある生地が、綺麗なストレートのラインを出しますので、気になる二の腕をすっきりと見せてくれますよ。

上質なシルク生地に丁寧な縫製を施してお作りしたフォーマルドレスですから、結婚式やパーティーなどのフォーマルなお席には欠かせない上質感とエレガンスを備えた一着です。

フォーマルなお祝いのお席でも、上品に魅せてみませんか。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからご覧いただけます。