結婚式での女性ゲストの基本的な服装マナーをご紹介いたします。

● 結婚式での女性ゲストの基本的な服装マナーをご紹介いたします。

結婚式は格式の高いお祝いのセレモニーですから、結婚式にお呼ばれしたら、マナーに沿った服装を用意しましょう。

ドレスで出席する場合の、女性ゲストの基本的な服装マナーをご紹介いたします。

どのようなドレスを選べば良い?まずは、ドレスの基本的な服装マナーをチェックしましょう。

ドレスのお色は、新婦さんのドレスのお色になりますので白は避けましょう。

できれば、ドレスの上半身とスカートで色が分かれているバイカラードレスも避けた方が無難です。

デザインは、露出が高い服装は厳禁ですので、肩は出さず、スカート丈は膝下5cm~膝上5cmまでのものを選びましょう。

ノースリーブのドレスをお選びの場合は、ボレロやショールを合わせていただくと大丈夫です。

次に素材ですが、コットンやジャージなどの普段着を思わせる素材は避け、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場所にしか着て行けないような、シルクやサテン素材のものを選ぶのがポイントです。

結婚式では、靴にもマナーがあるのでしょうか?

結婚式では、ドレスに合わせていただく靴にもマナーがあります。

ドレスのマナーと同じく、普段着を思わせるブーツなどを避けましょう。

またつま先が出るサンダルやオープントゥ―の靴は、「つまさき」の語呂が悪いとされているので着用を避けるのがマナーとなっています。

結婚式ではヒール付きのパンプスで出席しましょう。

結婚式での女性ゲストのアクセサリー、バッグのマナーについて

結婚式ではギラギラ光るアクセサリーは控えるようにしましょう。

昼間の結婚式でしたら白のパールのネックレスがおすすめです。

ちなみに、ブラックパールは快く思わないゲストもいらっしゃるようですので、避けた方が無難です。

バッグは、皮革のものは避け、フォーマル感のあるものを選びましょう。

またドレスには小さめのバッグを合わせるのがマナーとなっています。

ご祝儀、携帯電話、お財布などの最低限の必需品が入るぐらいの大きさのものを選びましょう。

今日のおススメのドレス

結婚式は、格式のあるセレモニーですので、ある程度きちんと見える、上質感のあるドレスが欠かせません。

こちらのドレスは、上質なシルクでお作りしておりますので、結婚式にぴったりの上品な高級感を備えた一着です。

お色は人気のネイビーです。

発色が良く、お肌を綺麗に見せるとご好評の一着です。

引き締め効果もありますので、女性には嬉しいお色です。

お袖をお付けしておりますので、ボレロやショールを合わせていただくスタイルよりも格上の装いをしていただけます。

スカートの丈も長めで、クラシカルなギャザースカートが上品な一着です。

結婚式でもエレガントに見せてみませんか?

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからどうぞ。