結婚式での靴のマナーとは?女性ゲストの靴の選び方をご紹介いたします。

● 結婚式での靴のマナーとは?女性ゲストの靴の選び方をご紹介いたします。

結婚式では、ドレスをご着用の場合はパンプスを合わせましょう。

でも、結婚式ではご着用にならない方が良いものもありますのでご注意を。

結婚式では靴にもマナーがありますので、マナーを確認して結婚式にふさわしい靴を選びましょう。

結婚式ではNGとなる靴とは?

結婚式などのフォーマルなお席では、つま先を出すのはNGとされていますので、つま先が見える、オープントゥの靴は履かないようにしましょう。

またオープントゥの靴は「つま先が出る」デザインということから、「妻が先に出る(妻が先立つ、など)」という連想につながり、縁起が悪いともされています。

2色使いのバイカラーの靴も、結婚式では避けた方が良いでしょう。2色に分かれていることから「別れ」をイメージさせるとのことで、ドレスでもバイカラーのドレスは避ける傾向があります。

靴は革製のものはOKとされていますが、蛇革やアニマル柄の靴は殺生をイメージさせるとのことでNGとなります。

サンダル、ミュールやブーツ、スニーカーはカジュアルな靴となりますので、フォーマルな服装が欠かせない結婚式ではご着用になれません。

結婚式ではできれば避けた方が良い靴とは?

かかとの出たバックストラップの靴は、最近では許容されつつあるようですが、結婚式にご出席される方々の年齢層や雰囲気によっては、避けた方が良さそうです。

パンプスのヒールの高さはどのくらいのものを選べばよいのでしょう?

結婚式では、ヒールのあるパンプスを選びましょう。

ヒールの高さは、3cm以上のものがおすすめです。

ですが、妊娠中でしたり、他にケガなど身体的に問題がある場合は、ヒールのないものでも許容されますので無理をしないようにしましょう。

結婚式では素足はNGです。

結婚式では素足で出席するのはNGとなりますので、ベージュのストッキングを合わせましょう。

タイツや、網タイツもNGとなります。

今日のおススメのドレス

結婚式では、上質感のある、上品な服装がおすすめです。

上のお写真のドレスは、シルクでお作りしたフォーマルドレスで、結婚式にもご着用いただける、上質感のある一着です。

お袖が付いていますので、このドレス一着で、ワンランク上のフォーマルなスタイルが完成いたします。

お色は引き締め効果がある上に、清楚で知的に見せてくれるネイビーです。

ダークなお色ですが、シルク特有の優しい光沢がお祝いのお席にふさわしい華やかさをプラスしてくれます。

結婚式、パーティーに。

エレガントにご着用いただけるドレスです。

ドレスの詳細は、こちらからどうぞ。