結婚式での靴はどう選ぶ?結婚式で女性ゲストの靴のマナーをご紹介いたします。

● 結婚式での靴はどう選ぶ?結婚式で女性ゲストの靴のマナーをご紹介いたします。

結婚式ではどのような靴を選べば良いのでしょうか。

ポイントは、フォーマル感のある靴ぶ、ということなのですが、具体的にはどのような靴になるのでしょうか。

結婚式での女性ゲストが知っておくべき、靴のマナーをご紹介いたします。

結婚式では、カジュアル感のある靴はNGです。

ブーツやスニーカーなど、カジュアル感のある靴は、結婚式ではご着用になれませんのでご注意くださいね。

フラットシューズは、妊娠中など特別な状況がある場合を除いて避けた方が無難です。

またパンプスでも、太いヒールのものはカジュアル感がありますので、細目のヒールをお選びになると良いでしょう。

結婚式では、つま先が出る靴も着用を避けましょう。

つま先が出るオープントゥの靴や、ミュール、サンダルも結婚式ではNGとなっています。

つま先が出る靴については、「つま先」が「妻先(つまさき)」となって、妻が先立つことを連想させるからとされています。

靴の色や素材にはマナーがあるのでしょうか?

靴の色につきましては、まずバイカラー(2色使い)のものは、色が2つに「わかれている」ことから「別れ」を連想させるので避けるようにしましょう。

お色の白は、ゲストの服ではNGとなるお色ですが、靴に白を選ぶのはマナー違反ではありません。

ですが、結婚式では殺生を連想させるとしてアニマル柄のものやファーといった素材はNGですので、ワニ革や蛇革といった素材も合わせて選ばないようにしましょう。

また、普段履きの靴を思わせる、コットンや麻の靴もNGです。

靴はヒール付きのパンプスにしましょう。

結婚式での女性ゲストは、洋装にされるのでしたらヒールの付いたパンプスがおすすめです。

ヒールは細目で、3cm以上のヒールの高さがあるものを選ぶと良いでしょう。

結婚式では、足元にストッキングを忘れずに合わせましょう。

靴にヒール付きのパンプスをお選びになったら、ベージュのストッキングを合わせましょう。

タイツやレギンスはいうまでもなく、黒のストッキングも結婚式ではNGですので、どうぞご注意くださいね。

今日のおススメのドレス

ネイビーのドレスには、ゴールド系の靴とバッグも良く似合います。

ゴールドのお色が、全体的な色のトーンを引き上げてくれていますね。

写真のドレスは、上質なシルクでお作りしておりますので、シルク特有の優しい光沢があります。

お色はネイビーですが、ドレス自体に華やかさがある一着です。

お袖が付いていますので、このドレス一着で結婚式にもご出席いただけますし、ジャケットやボレロを合わせていただいて、印象を変えてご着用いただくこともできます。

結婚式やパーティーに。

上質なシルクのエレガンスをまとっていただける一着です。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからどうぞ。