結婚式で友人としてのスピーチを頼まれたら、まずはスピーチに盛り込むべき内容を確認しましょう!結婚式でのスピーチのマナーをご紹介いたします。

● 結婚式で友人としてのスピーチを頼まれたら、まずはスピーチに盛り込むべき内容を確認しましょう!結婚式でのスピーチのマナーをご紹介いたします。

結婚式で友人代表としてスピーチをすることになったら、まずは結婚式のスピーチ内容は、どのようなものにすべきなのかを確認してみましょう。

話してはならない内容や、避けるべき言葉も合わせてチェックしておくと、より良い内容のスピーチが出来上がりますよ。

この記事では、結婚式のスピーチの内容についてのマナーをご紹介いたします。

結婚式でのスピーチの内容は、新郎新婦の良い人柄の紹介と祝福です。

結婚式のスピーチの内容は、新郎新婦の新しい門出を祝福するお祝いの言葉と、新郎または新婦の良い人柄が分かる話を盛り込みましょう。

新郎または新婦の良い面をお伝えできるリアルなエピソードを入れることで、新郎新婦をはじめ、ゲストの皆さまの心に残るような内容となることでしょう。

また、長いスピーチは、聞く側にとっても苦痛ですので、3分から長くても5分以内で収まるようにまとめましょう。

結婚式のスピーチで、避けるべき内容とは?

結婚式でのスピーチは、あくまで新郎新婦のお祝いと良き人柄の紹介ですので、新郎新婦を始め、ご親族の方々や他のゲストが不快に思うような内容は避けるべきです。

例えば、過去の暴露話や恋愛の話、下品な話、宗教や政治的な話、自分の自慢話等です。

また、心がこもっていない、ありきたりな内容に終始してしまうのもNGですので、お気をつけくださいね。

スピーチで使う言葉にご注意を!忌み言葉を避けましょう。

結婚式のスピーチでは、破滅や別れ、不幸、再婚などをイメージさせる「忌み言葉」を使わないようにしましょう。
例えば、結婚式では避けるべき言葉には「別れる、離れる、去る、冷める、苦しい、ますます」などがあります。
どうしてもこれらの忌み言葉を使いたい場面では、「職場を離れる」を「家庭に入る」などに言い換えるなど、別の言葉に置き換えるようにしましょう。
ですが万が一、忌み言葉を言ってしまった場合でも慌てなくても大丈夫です。
すぐに「失礼いたしました」と詫びをいれるようにしましょう。

実際にスピーチをする前には、練習をしましょう!

せっかく良いスピーチが書けたとしても、ぼそぼそと話されたり、顔が下を向きっぱなしでは、込められた気持ちも伝わらず残念なスピーチとなってしまいます。

顔を下げっぱなしにせず、はっきりとわかりやすく話ができるように、練習してからスピーチに臨みましょう。

今日のおススメのドレス

結婚式のスピーチをすることになったら、年齢も社会的立ち位置も様々なゲストの前に立つことになります。

そんなとき、恥ずかしい思いをしなくていいように、きちんとした服装で臨みたいものですね。

今日のおすすめのドレスは、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

誰の目にも上品に映るシルクのドレスは、結婚式などのお祝いのお席にぴったりです。

さりげない高級感と上品さが、好感度をアップしてくれますよ。

またこちらのドレスはお袖が付いていますので、このドレス一着だけでパーフェクトなフォーマルスタイルが完成するだけではなく、ボレロやショールを合わせていただくスタイルよりもワンランク上の装いをしていただけます。

ふんわりスカートは、フェミニンな印象をプラスするだけではなく、華やかな印象も演出してくれますよ。

お色は黒ですが、シルク特有の優しい光沢がありますので、晴れやかなイメージのドレスです。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからどうぞ。