結婚式で女性ゲストは民族衣装を着用しても大丈夫?結婚式でのドレスマナーをご紹介いたします。

● 結婚式で女性ゲストは民族衣装を着用しても大丈夫?結婚式でのドレスマナーをご紹介いたします。

結婚式では、女性ゲストは洋装か和装で出席されることでしょう。

洋装でご出席されるのでしたら、白は避ける、露出は控える、生地は単色で無地のものを選ぶなど、マナーを満たしたドレスをお選びになると良いでしょう。

結婚式という格式の高いフォーマルなお席でも、その場に合った、きちんとした印象の装いができます。

では、結婚式に出席される女性ゲストは、和服以外の民族衣装を着用しても大丈夫なのでしょうか。

残念ながら、アオザイやチャイナドレスでのご出席は好ましくありません。

新郎新婦やそのご家族、他の出席者の方々を配慮して避けた方が無難です。

その代わり、上のお写真のようなフォーマル感のあるドレスがおすすめです。

こちらのお写真のドレスは、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

お袖が付いておりますので、ボレロやショールを合わせていただくスタイルよりも、よりいっそう格の高い服装をしていただけますよ。

また、お色なお肌を綺麗に見せてくれるネイビーです。

ダークなお色ですが、シルク生地には特有の華やかさがありますので、心地よい華やぎをまとっていただける一着です。

結婚式やパーティーなどの、フォーマルなお祝いのお席にふさわしいドレスです。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧いただけます。