結婚式に持参するご祝儀袋の書き方をご紹介します。【中袋編】

● 結婚式に持参するご祝儀袋の書き方をご紹介します。【中袋編】

結婚式に持参するご祝儀は、ご祝儀袋に入れ、袱紗に包んでお持ちしましょう。

くれぐれも、ご祝儀袋にお祝い金を入れ忘れないようにしましょう。

あとはマナーに沿ってご祝儀袋に記入を済ませれば完璧です。

ご祝儀袋は、外包みと中袋がありますが、こちらの記事では、ご祝儀袋の中袋の記入の仕方をご紹介いたします。

中袋はボールペンで記入しても大丈夫でしょうか?

ご祝儀袋の外包みと同じく、中袋も毛筆または筆ペンで記入しましょう。

ボールペンでの記入はマナー違反ですのでお気を付けくださいね。

もちろん、インクは濃い黒を使用します。薄墨のペンは弔事用ですので使うのはNGとなります。

中袋には何をどう書く?

もし内袋に金額、氏名、住所を書く欄が予め印刷されている場合は、その箇所に記入しましょう。

記入欄が無い場合は、中袋の表面にはお祝い金の金額を書き、裏面にはご自分の住所と氏名を記入します。

まず、表面の金額ですが、縦書きで「金 〇萬円」と書きましょう。

「金」と「〇萬円」の間は少し離して書きます。また「金 〇萬円」の後に「也」を付けて「金 〇萬円也」と書くこともできます。

金額の数字は、壱、弐、参、伍(5)、漆(7)、拾(10)などの旧字体を使用します。

8は、偶数ですが漢字の「八」は末広がりを表す縁起が良い字ということで、ご祝儀の金額にも使用されますし、その際の内袋に記入する金額の数字は旧字体よりも「八」で書くのがおすすめです。

裏面は、ご自分の住所と氏名を縦書きで書きましょう。

中袋にお祝い金をどう入れる?

まず紙幣は新札(どうしても入手できない場合は、ピン札でも大丈夫です)を用意して、お札の面と向きを揃えましょう。

お札の人物像が印刷されている面を上にします。

さらに、表面を上にした中袋に、お札の人物像が中袋の上側に来るようにして入れましょう。

今日のおススメのドレス

結婚式では露出を抑えた、上品な服装で出席しましょう。

こちらのシルクでお作りしたフォーマルドレスは、お袖もスカート丈も長めにお作りしておりますので、露出を気にせずご着用いただけます。

また、シルクならではのエレガントな印象が、品よく見せてくれる一着です。

結婚式やパーティーなど、きちんとした服装が欠かせないフォーマルなお席におすすめです。

お色は黒ですが、シルク生地に優しい光沢がありますので、お祝いのお席にぴったりの華やかさもまとっていただけますよ。

お袖が付いていますので、ボレロやショールとのコーディネートが不要な上に、この一着だけでフォーマル感たっぷりの服装が完成いたします。

結婚式、パーティーなどのフォーマルなお祝いのセレモニーでご着用いただけます。

ドレスの詳細はこちらでご覧になってくださいね。

ゲストドレス・オードリードレス