結婚式のご祝儀のマナーをご紹介します。出席する場合の、ご祝儀の金額の相場はどのくらいでしょうか。

● 結婚式のご祝儀のマナーをご紹介します。出席する場合の、ご祝儀の金額の相場はどのくらいでしょうか。

祝儀とは、お祝いの気持ちを表すために贈られる金品のことを言いますが、結婚式に持参するご祝儀といえば、通常、結婚のお祝い金のことになります。

結婚式ではご祝儀は、ご祝儀袋に入れて、それを袱紗に包んで持参します。

受付では「本日はおめでとうございます」と一言いい、袱紗からご祝儀袋を取り出して、正面を相手に向けて、両手で差し出すのがマナーです。

ところで、結婚式に出席する場合のご祝儀の金額はどのくらいが相場なのでしょうか。

多すぎても、少なすぎても落ち着きませんよね。

新郎新婦の友人、同僚として出席する場合と、親族として出席する場合で金額の相場が異なっていますので、下記で確認してみてくださいね!

ご祝儀袋に包む紙幣のマナーをご紹介いたします。

ご祝儀に使う紙幣は、未使用の新札を用意しましょう。

これは、結婚式を心待ちにしていたことを表すためです。

逆に不祝儀では、突然の連絡に手持ちのお金しかなく新札を用意する暇がなかった、ということで折り目の付いたお札を使います。

結婚式のご祝儀では、くれぐれも折り目のついたお札を使わないようにしましょう。

どうしても用意できなかった場合は、新札ではないけれど、新札に見えるピン札を使っても大丈夫です。

また金額は、4と9、偶数を避け、奇数になるように包むのが良いとされています。

事情によりご祝儀を2万円包むことになった場合は、1万円札1枚と、5千円札2枚を包むと良いでしょう。

友人として結婚式に出席する場合のご祝儀の金額の相場

結婚式に、新郎新婦の友人、同僚として出席する場合のご祝儀の金額は、3万円が最も多いようです。

親族の場合

新郎新婦の兄弟姉妹として出席する場合は、5万円~10万円が相場のようですが、20代の弟・妹は2万円以上、また夫婦で出席の場合は、10万円~となっています。

また、新郎新婦のおじ、おば、いとことして出席する場合は、3万円~となります。

今日のおススメのドレス

上半身をすっきりと、スカートはクラシカルなギャザースカートでフェミニンにお作りしたシルクのフォーマルドレスです。

お袖付きですので、このドレス一着だけで挙式からご出席できますので、ボレロやショールをご用意していただく必要がありません。

また、スカート丈を長めに仕上げていますので、露出が気になる結婚式でも上品にご着用いただくことができますよ。

ドレスに使用した上質なシルクが、エレガントに見せてくれる一着です。

結婚式やパーティーでも気品のある装いをしていただけます。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからどうぞ。