結婚式での服装マナーをご紹介いたします。ビジュー付きのバイカラードレスは、結婚式に着用しても大丈夫でしょうか

● 結婚式での服装マナーをご紹介いたします。ビジュー付きのバイカラードレスは、結婚式に着用しても大丈夫でしょうか。

結婚式では、特に昼間に行われるものでは、輝きのあるアクセサリーはNGとされています。

ですので、キラキラ輝くビジューの付いたドレスは避けるようにしましょう。

また、ドレスの上下で色の異なるバイカラーのドレスは、色が「別れている」ことから結婚式での着用を避けることが多いですし、新郎新婦や他のゲストの方の中にも、気にされる方もいらっしゃいますので避けた方が無難です。

代わりに、生地が上質感のあるもので、単色で無地のドレスでしたら、結婚式にふさわしい服装ができるでしょう。

例えばこちらのようなシルクのドレスです。

上のお写真のドレスは、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

お袖が付いておりますので、さらに格の高い装いをしていただけますよ。

スカート丈を長めに作りましたのでお膝を丸出しにすることがありません。

また、お色はブラックですがシルク特有の優しい光沢とハリ感が、お祝いのお席にふさわしい華やぎと上質感をプラスしてくれます。

結婚式のマナーにかなった服装で、女性らしい上品さをまとってみませんか。

本日ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧いただけます。